ANA国際線で座席指定が一部有料化に。格安航空券など価格重視派は注意!

2019-05-16

ANA国際線の座席指定有料化のスタートが5月29日に迫ってきたので、内容をまとめておきます。

国際線全路線の一部のエコノミークラスが対象です。

最安運賃で飛びたい利用者にとっては、窓側席、通路側席、また二人以上の並び席が取りにくくなります。実質値上げのようなもの。

いくらになるのか。確認しておきましょう。

有料対象となるクラス

2019年5月29日予約分、対象は2019年8月19日以降搭乗となる国際線の全路線です。

エコノミーの予約クラスV、W、S、L、Kの航空券が対象です。

V、W、S、L、Kて何よ?

と思いますよね。ANA公式サイトで予約するところの、「Value」と「Super Value」の運賃クラスです。

価格重視でチケットを買っている場合や格安航空券、パックツアーの座席は対象となっている確率が高いので注意です

普段ツアーなど予約クラスを意識しないで購入していると、後でびっくりしてしまうかもしれません。

予約画面

V、W、S:「Value」 出発日が近づくとS→W→Vになる

L:「Super Value」 キャンペーン最安値など

K:「Super Value」 パックツアーで見かける?

支払い対象となるクラス

いくらかかるか

有料対象シート図

B787-8座席例(240席)

1区間片道あたり 欧州、北米、
オセアニア
ハワイ、インド、
フィリピン、他東南アジア
東アジア
5,500円 5,000円 4,500円
2,500円 2,000円 1,500円
無料 無料 無料

青が無料。

赤の非常口横はこれまでもレアチャンスなので仕方ないとしても、前方半分以上の窓側と通路側に1,500~2,500円の料金がかかってきます。

最後部の無料エリアに人が集まってしまうと、2人以上で旅行の場合は隣り合わせで座るために支払いが必要になる確率が上がります。

B787のような3-3-3の横並び240席クラスの機体が主流とすると、無料で2人で横並びに座れるのはざっと30組ちょっと、というかんじ。

家族旅行なんかでは複数人ですから、負担が増えてしまいます。

座席料金表

対象外となる人

対象となる運賃(予約クラス)以外の航空券、ダイヤモンドサービスメンバー、プラチナサービスメンバー、特典航空券は無料です。

SFCメンバーであっても対象外とはならないので有料です。ジワジワと価値の薄くなっていくSFC。

プラチナ以上の上級会員とSFCの扱いについて、今後どれだけ格別化が進むのか注目です。

まとめ

ちょっと救いなのが特典航空券は引き続き無料ということろ。今後有料化されないことを望むばかりです。

当日のチェックインカウンターで座席指定の説明や支払いなどの手続きが発生してしまうと、待ち時間が増えるかもしれません。

夏休み、お盆以降(8/19以降)でANAの格安航空券をお考えの方は、要注意の変更です。

公式サイトの座席指定有料化の案内はこちらです。

もしこの記事が少しでもお役になったなら、TwitterやSNSで周りの方にシェアしていただけると嬉しいです。
より良い記事を書いてゆく励みになります!よろしくお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ
にほんブログ村

-ANA, ANA SFC, 修行

Copyright© マイルの勇者 , 2021 All Rights Reserved.